心の底から納得しなければ人は変われない

nattoku

---------------広告---------------




---------------広告---------------


 

あなたは親や先生、上司などからああしなさい、こうしなさい、と言われた時になんでそんなことをしないといけないんだと疑問に思ったことはありますか?また、疑問に思ったまま行動していませんか?

この記事は他人にただ何となく、やらされてる感で行動してしまう自分が嫌だという方の参考になるものと思います。興味のある方はご覧ください。

それでは始めます。

人は他人にどれだけああだ、こうだ、言われても心の底から理解していなければ変われません。表面上は言われたとおりに行動していても本心が変わらなければ意味がありません。

人が見ていないときはやらなくなりますし、内心イヤイヤやっていて、心の中では愚痴ばかりになってしまうので効果も成長も見込めません。

なので他人にこうしなさいと言われた時に疑問を感じたら必ず納得するまで質問するようにした方がいいと思います。中にはそんなことも知らないのか?といわれるのが嫌でわかったふりをして行動してしまう方もおられるかもしれません。そういう方にはこんな言葉を送ります。

「一時の恥と一生の恥」 自分が無知なことを恥じるのは仕方のないことです。しかし、一時の恥を受け入れればその後は恥をかくことはなくなります。逆に一時の恥を避ければ一生恥をかくことになりかねません。なのでわからないことはわからないとしっかり聞いてみてください。自分のためにも。

質問をしても納得できなったら言われたとおりにしないとどうなるのか経験してみましょう。百聞は一見に如かず、百見は一経験に如かずです。経験すれば瞬時に理解できます。

本来、親や先生、上司があなたにああしなさい、こうしなさい、というのはそれぞれが経験した辛さや苦しさから守ってあげたいという優しさなのですが、言われる側としては嫌な思いをすることもあります。

言われたことをイヤイヤやっていても身にならないので納得できないときは無理に守る必要はないと思います。言われたことをやらないとどのようなことが起こるのかをしっかり経験して、自分はどうしたいのかを決めればいいと思います。

親や先生、上司が経験したことと自分が経験することが違うかもしれませんし、その経験をどう捉えるかも人それぞれです。

言われたことを言われたとおりにすることも時には必要だとは思いますが、結局は自分がどうしたいかなのでそれは一概には言えません。

この記事で私が何を言いたいかというと、他人に何と言われようと納得できないときは必ず自分が経験してみてどうしたいのかを決めてほしいと思うのです。

頭で無理に理解しようとせず、しっかり経験して納得した状態で自分の道を決めてください。

今回は以上です。

皆様に気づきがあれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

---------------広告---------------





---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です