成長するための考え方

---------------広告---------------




---------------広告---------------

誰しも自分を成長させたいと願うことがあると思います。

しかし、成長するには新しいことにチャレンジしたり、自分のダメなところと向き合わなければいけないです。

チャレンジや自分のダメな部分と向き合うというのは、億劫です。

成長するためにはこの億劫をどうにかしなければいけないのです。

・なぜ億劫に感じるのか?

まずチャレンジについての億劫ですが、その正体は失敗です。

新しいチャレンジに失敗はつきものです。ですが失敗をダメなこと、失敗する人はダメな人というような考え方を持っていると、失敗することが怖くてチャレンジすることができません。

なぜ失敗をダメなことという考え方を持っていると怖いのかというと、人は自分に価値があると思いたいので失敗=ダメな人という考え方を持っていると、失敗すると自分の価値が下がると思うので怖いのです。

自分のダメなところと向き合うのも、自分の価値が下がると思っている部分に触れるので怖いです。

結局のところ人は、自分に価値があると思いたいので、◯◯はダメだという考え方を持っていると、その行動をとることに恐怖を感じ億劫にさせるのです。

・成長するためには?

成長するためにはダメという認識を少し緩める必要があります。

例えば失敗にダメという認識を持っているとしたらその認識を緩めるには、自分が失敗した時に想像する結果を良い結果と悪い結果の両方を想像することです。

ダメという認識をしているということは、悪い結果というのは脳裏に焼きついていると思います。そこに良い結果を想像すると、恐怖が和らぎ行動する勇気が湧いてきます。

自分のダメと向き合う時も、ダメと思っている自分を出した時の良い結果と悪い結果を想像すると、自分のダメだと思っていたところを少し好きになることができます。

自分のダメと思っていることに立ち向かうから、人は成長するのです。

物事を一辺倒に見るのではなく多角的に見て、物事には良い面と悪い面の両方を兼ね備えていることを知り、あなたの認識を変えましょう。

認識・考え方を変えればあなたの行動は自然と変わり、あなたに変化をもたらすことと思います。

あなたの成長を心より願っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です