自分の常識の枠を広げる・外す


waku

---------------広告---------------




---------------広告---------------


あなたはやりたいことを見つけた時、やる前から諦めていませんか?やる前から諦めてしまうのは自分の常識の枠が多大に影響しています。常識の枠を広げればあなたの可能性は無限です。

この記事は自分の可能性を広げられることで選択の自由が生まれます。あなたの心を自由に豊かにするきっかけになることと思います。

興味のある方はご覧ください。それでは始めます。

はじめに「常識の枠」(以後枠とさせていただきます。)とはいったい何なのかを説明していきます。

枠は分かりやすく言いますと自分が何かをやりたいと思ったときにできそうか?、できそうにないか?ということを判断する基準です。

この基準を決めているのは過去の経験や周りの人、世間一般の常識による思い込みです。

この枠があるとなりたい自分や本当にやりたいことが見つかった時にやる前から諦めてしまう可能性が高いです。

なので枠は広いほうがいいですし外せるならそうしたほうがよりいいのです。

枠を外すとなりたい自分や本当にやりたいことに向かって行動することができます。少し図を用いて説明します。

bitmap

同じ能力がある人でも枠の広さの違いで可能性はかなり違ってしまいます。能力が高い人でも枠が狭いと可能性も狭まります。枠を広げれば夢や幸せもつかみ取ることができます。

では枠はどうすれば広げたり、外したりできるのか?

一番手っ取り早いのは枠の外のことをダメもとでがむしゃらにやってみることです。

例えば会社の上司の頼み事はなかなか断りづらいですよね。時には無理難題を押し付けてくる方もおられることでしょう。そんな時、「そんなの無理だよ」と思いながらも、やるしかないところまで追い込まれた時に、やってみたら意外とできたという経験はないでしょうか?

こういった経験をすると枠なんて思い込みだったんだと気づかされ枠が広がりさらには外すこともできるのです。

次の方法は自分の心に言い聞かせるという方法です。

人は自分の心の中で繰り返してきた言葉を最終的には信じるようになるのです。

たとえ自分の心の中で反芻する事柄が嘘であったとしても自分の心の中で反芻しているうちにその嘘を受け入れるようになってしまうのです。

そんなことあるわけないと思う人も多くいると思いますがこれはやってみた人しかわからないことです。そして、そんなことあるわけないと思うこと自体がすでに枠にとらわれていることに気づいてください。

枠外のことにいきなり挑戦する勇気が出ない方はまず試してみるといいと思います。根気よく継続が大事です。

次の方法は枠の根本を知るという方法です。

この記事では枠とは何かについて説明してきましたがどんな枠があるのかは人それぞれです。

その枠がいつどんな経験をしたときにできたのかを知り、その原因としっかり向き合うことで枠は思い込みだったと気づけると思います。

自分の親が夢なんて叶わないとか、お前にできるわけないとか、冒険しない方がいいとか、子供の頃から言われ続けていたとしたらあなたの枠を作っている一つの要因です。

しかし、これらの親の意見は親の経験で培われた常識の枠です。

親ができなかったからといってあなたが出来ないなんてことはありません。心の底からやりたいと思ったことは絶対に出来る様になると私は信じています。なのでやりたいと思ったことは、まずチャレンジしてみてください。

チャレンジする際にはこちらの記事も参考になると思いますのでご覧ください。

最後の方法は自分がやりたいと思っていることをやっている人に実際にあったり、実際にやっているところを見ることです。百聞は一見にしかずといいますように実際にみると枠は嘘のように広がります。実際に自分の目で見るというのはとても大事なことです。

これらの方法を皆様どうか試してみてください。あなたの可能性が広がり、夢や幸せを掴み取ることを心より願っています。

今回はこれで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です