自分をやめることはできない

arinomama

---------------広告---------------




---------------広告---------------


 

あなたは自分の嫌いなところはありますか?嫌いなところを変えようとしたり、人に見つからないように隠したり、自分の不幸を憎んだり、そんなことをしていないでしょうか?

どれだけ自分を否定しても人は自分をやめることはできません。それならいっそのこと、全部認めて受け入れてあげませんか?

この記事は自分のことが嫌いでしょうがないという方の参考になるものと思います。興味のある方はご覧ください。

それでは始めます。

人は生まれてから今までいろいろな経験をしていきます。その過程で、自分の得意や不得意、好き、嫌いなどの判断基準を培っていきます。この判断基準というものは、ほとんどの人が他人による評価によって決まっていると思います。

他人にすごいね、偉いね、かっこいいね、可愛いね、優しいねと評価される自分の一部を好きになり、どんどん表に出します。逆に他人がおかしいね、変だね、ダメだねと否定される自分の一部を嫌いになり人にばれないように隠してしまう。

他人に評価される部分も、否定される部分もどちらもセットで自分なので好きな部分だけ出そうとするとバランスをとるかのように嫌いな部分も出てきます。嫌いな部分が出てきそうになるたびに自分を抑え込んだり、否定してしまう。そうして自分をどんどん嫌いになる。

また、時には今まで評価されていた部分を否定されたり、否定されていた部分を評価されたりすることもあるのでもう頭の中はパニックです。

つまり、他人からの評価をベースに生きていると矛盾が生じたり、自分の道がブレブレになり自分自身の存在価値が分からなくなり、殻に閉じこもってしまいます。

なので、他人の評価をベースに生きるのではなく、自分をベースに生きてみてください。他人に評価される自分になるのではなく、ありのままの自分を肯定する、という生き方に変えてみてください。

ありのままの自分を肯定する生き方とは、自分のすべての部分(過去の出来事なども)を肯定的にとらえるということです。

例えば、自分は勉強、仕事ができないという人がいます。この例の場合、他人から見ても自分から見ても否定的に観てしまいがちですが、観方を変えれば肯定的に観ることもできます。

・勉強、仕事のできない人は一人だけということはないと思います。自分と同じような人は自分のことを見てホッとしている。

・勉強、仕事ができない人の気持ちが分かってあげられる。勉強、仕事のできる人は人を見下したり、できない人を否定する人が多いです。

・プレッシャーがないし、大変な仕事が回ってこない。勉強、仕事のできる人は常に他人に負けまいと見えない何かに追われている人が多い。

・自分自身が頑張って勉強、仕事ができるようになれば、同じようにできなかった人の希望になる。

など、考えればいっぱい出てきます。コンプレックスも見方を変えれば武器や才能にも見えるのです。

どんなに他人に否定されようと自分は自分のことを肯定的に観てあげてください。そしたら、自分を好きになれるし、少しずつ自信もついてくると思います。さらに自分を肯定的に観れるようになれば他人の目も気にならなくなっていきます。

そして、自分を肯定的に観れるようになると他人も次第に肯定的に観れるようになり苦手な人や嫌いな人も減っていくと思います。

自分ベースで生きることは心を自由にする第一歩だと私は思っています。

皆様が自分を心から好きになることを心から願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


---------------広告---------------




---------------広告---------------

 

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です