人は自分を肯定したい

koutei

---------------広告---------------




---------------広告---------------


 

あなたは自分の周りの人が思い通りにならないことにイライラしていませんか?そこには自分を肯定したいという願望が現れているのです。自分自身の中で何が起きているのかを知ることでそのイライラを無くすことができます。周りの人を思い通りにすることはできませんが自分が周りにイライラしなくなることはできるということです。

この記事は他人に対してイライラしてしまうことに困っている方に参考になるものと思います。興味のある方はご覧ください。

それでは始めます。

人はついつい他人を自分の思い通りにしようとしてしまいます。なので思い通りにならないとイライラしてしまうのです。

ではなぜ人は他人を思い通りにしようとするのか?この願望の根底には”自分は正しい”があり、つまりは自分を肯定したいという心理が働いているのです。

人は自分を肯定していなければ心を安定させることができません。他人からお前のここがダメだ、ここがおかしいなどと自分の存在を否定されると、自分はダメなんだ、おかしいんだと思ってしまい自分を否定します。そうすると悲しくなり落ち込みますし、否定が行き過ぎると鬱になったり、最悪死にたくなったりしてしまいます。自分を肯定しようとする感情は生きていくうえでなくてはならないものなのです。

ですから、自分は正しいという感情はどうすることもできません。

では一体何を変えれば他人にイライラしなくなるのか?それは、自分は正しいそして他人も正しいと思うことです。自分が正しいのだから他人が自分に合わせるべきではなく、みんなそれぞれの正しいがあるのだと気づき、個々を認める、尊重するということです。

しかし、人間は物事を白黒はっきりさせたがる生き物です。自分は正しい=自分と違う考え方はおかしいという式が頭の中に出来上がっているのです。この式が頭にあるので自分と違う考え方を正しいと認めると自分がおかしいになると思い込んでしまっているのです。

先ほど説明したように、人は自分を肯定したいという感情があるので自分を正しいと思いたい、だから他人が間違いとなり周りの人にイライラする。

例えば、他人に自分のことをおかしいと言われたら相手がおかしいといいたくなるのは自分を否定してくる人を自分が否定することで自分を肯定しようとしているからです。数学で言えば-に-をかけると+になるというような感じだと思います。(-○×-○=+○)

自分も他人を正しい、を認めるためには頭の中の式を書き換えるしかありません。

あなたは、昔はおかしいと思っていた考え方を今なら認めることができるというものはありますか?例えば、昔はいつもうるさいと思っていた親のことを自分が親になったら分かるようになった、いつも親がご飯などを用意してくれたのを当たり前だと思っていたが、一人暮らしをするようになって親のありがたみに気づいた、教えられる立場の時は分かりづらい説明だなと思っていたが教える立場になってその難しさに気づいた。

昔は、文句を言ったり否定していた人の考え方が相手と同じ経験をすることで認められるようになった。

つまり、人は自分の中に経験したことがないもの、また、ないと思い込んでいるものを認めることができないのです。なので、自分と違う考え方の人、イライラする人と同じことをしてまず経験してみてください。そしたら、少しはその人のことを認めてあげることができると思います。もしかしたら、自分はそんなことしていないと思ったこともよくよく考えると自分も同じようなことしていたかもと気づくこともあると思います。

いろいろと経験していくうちに自分は正しい=自分と違う考え方はおかしいという式は間違いだったということに気づくと思います。

そうすれば、自分、他人という個々を認め、尊重できると思います。

いろんな人の考え方を認め、受け入れることができる人を器の大きい人と私は思います。いろんな経験をして多くの人の考え方を受け入れられる大きな器の人になれたらいいですね。

皆様に何かしらの気づきがあることを心から願っています。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です