感情のコントロール

目的

---------------広告---------------




---------------広告---------------


 

あなたは自分の感情とうまく付き合っていますか?人は自分の行動や思考を支配しているのが感情だということに気づいていない人がほとんどです。感情は感情として持っていてもいい。しかし、それとは別に自分の頭で考える方法を学ばなければいけません。

この記事は感情をコントロールする大切さと方法をお伝え致します。感情をうまくコントロールできればあなたはなりたい自分になることができ、本当の自由も手に入れることができます。興味のある方はご覧ください。

それでは始めます。

感情のコントロールがなぜ重要なのか?それは、望むような人になろうとしたり、望むものを手に入れようとしたときに感情はやる気をそいでしまうからです。

自分があんな風になりたいなと思い、そうなるためにこんなことを頑張るぞと目標を立てたのに長続きしない人は感情がうまくコントロールできていない証拠です。

面倒だとか、自分には向いてないとか、もっと環境が良かったらとか、このようなことを心の中でつぶやいてくるのが感情です。

なぜこのような感情がわいてくるのか?それは人が持つ欲求と深くかかわっています。

例えば面倒だなと思ってしまうのは生きるための欲求から来ています。人は動物的本能としてなるべくエネルギーを使わずにもしもの時のために、温存しようと無意識に思います。

習慣になっていないことをやるといつも以上にエネルギーを使ってしまうので、面倒くさいという感情を発生させ、いつも通りの習慣に戻ろうとします。

他にも等群欲求や自己重要度という欲求も自分のやる気を奪っていきます。

みんなと同じがいいと思わせる欲求(等群欲求)は人と違うことをやりたいと思ったときに周りの人になんて言われるだろうかという不安を発生させ自分にブレーキをかけさせます。

周りの人より優れていたいと思わせる欲求(自己重要度)はやりたいことが思い通りに上達しないと、自分はダメな奴だと思うと同時に、ダメな自分から目をそらすため他人や環境、才能のせいにして本当にやりたいことから逃げてしまいます。

これらの欲求からくる感情は本当の自分ではありません。本当の自分が何かを成し遂げたいと思っているなら感情をコントロールしなければいけません。

感情をコントロールするにはまず、先ほど説明したように感情のメカニズムをしっかり理解する必要があります。そして、心に聞こえてくる言葉が感情から来ているものなのか、本当の自分から来ているものなのかを見極め、常に本当の自分からの言葉に従いましょう。

感情をコントロールする方法としてもう一つ、笑顔を心がけるといいと思います。人間はプラスの感情とマイナスの感情を同時に抱くことはできません。自分のやる気を奪う感情はマイナスの感情ですので普通なら表情も暗くなってしまうのですが、常に笑顔を心がけることでマイナスの感情を追い出すことができます。それによって、本当の自分の言葉を見極めやすくなります。

本当の自分の言葉に従うことがこの世に生まれてきた使命だと私は思っています。

感情に流されず本当の自分が喜ぶ行動を選択しましょう。そうすればあなたの人生は実りある充実したものになると思います。

皆様に何かしらの気づきがあることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です