自然体

---------------広告---------------




---------------広告---------------

どんな状況であっても自分自身で居られる人は、他の人の心からくる考えを、抵抗なく上手に受け入れることができる。

それは、そのようにしても他人の思考に圧倒されてしまう危険がないからである。

心の平安を持つ人は、常に他人から受け取ることも他人に与えることもできる。

どういうことかというと、自然体の人は何も否定していないということです。

例えば、他人に注意されたり、怒られたりすると腹が立ったりすると思いますが、なぜ腹がたつのかと考えると、人に嫌な思いをさせてはいけないという価値観や人に認められなければいけないという価値観を持っていたりすると、人に嫌な思いをさせることや人に認められないことを否定していますよね?

そういった何かを否定する価値観を持っていると、その否定する行動をとっている人や自分を否定する言葉を受け入れることができません。

その人の言葉を受け入れてしまうと自分を否定することになってしまうからです。

でも自然体の人は否定する価値観を持たないので、そういった人の言葉も上手に受け入れることができのです。

否定する価値観というのは簡単に言えば、◯◯してはいけない、◯◯しなければいけない、という言葉で表すことができます。

◯◯してはいけないは一つのことを否定しており、◯◯しなければいけないは一つのことだけを認めている逆を言えばその一つのこと以外を否定していることになります。

自分が何を否定しているかを知りたい時は、怒りを覚える人の行動や自分で自分を責めてしまう行動、自分がこうしたいと思っているのにできない行動を考えてみるとわかると思います。

それらは否定している行動をとっているから、怒りが湧いたり自責をしたり、自分を思い通りにコントロールできないのです。

否定する価値観を持っていなければ、自分を否定することもないので自由なんです。

否定する価値観というのは実は自分を縛っているんです。

常に自然体でありたい人は、否定する価値観を変えなければいけません。

どうすれば否定する価値観を変えられるのか?

それは否定する自分、否定された自分を許すこと、認めて受け入れること、否定されてもダメだと感じる自分でも価値があるんだと信じること。

価値観というのは自分の中の価値の基準です。

否定するということはそこには価値がないと自分が思っているということ。

人は自分に価値があると思いたい、逆を言えば価値のない人間になるのが怖いんです。

怖いから否定して、価値のない人間にならないように自分を縛る。

しかし、どんな自分でも価値があると思えれば、自分を否定することもないからどんなことも受け入れられる。

自然体を望むなら、どんな自分も許しましょう、受け入れましょう、どんな自分にも価値があると信じましょう。

あなたを縛る鎖が少しでも減ることを祈っています。

今回はこれで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です