マズローの欲求階層説

---------------広告---------------




---------------広告---------------

人間は日々いろいろな欲求を抱えながら生活しています。

例えば、「眠い」とか「お腹が空いた」とか「疲れたから休みたい」など少し考えただけでもいろいろな欲求が思い浮かびます。

今回は、動機の要因をしっかりと理解することで私たちの欲求がどのように動機に結びつくのかを知っていただければと思います。

心理学者のアブラハム・マズローは「人間には自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と仮定した「自己実現理論」を打ちたてました。

これは、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもので「マズローの欲求階層説」とも言います。

欲求階層説は、人間の基本的欲求を低次から①生理的欲求 ②安全の欲求 ③愛情・所属の欲求 ④自尊欲求 ⑤自己実現欲求との五つの階層に分かれています。

マズローによると、①生理的欲求から順々に満たされていくものであり、途中でどれかの欲求が満たされないと次の欲求を充足することはできないと述べています。

そして、一度ある欲求が満たされてしまうとそこでの充実感は当たり前のものとなってしまうので、同じ階層では新たな満足感を感じられなくなることも指摘しています。

つまり人間とは欲深いもので、一度その欲求が満たされてしまうと、そこでの充実感は長くは続かず、次の階層の欲求がどんどんと活性化せれるということです。

マズローはこれらの5階層のうち①〜④までの欲求を「欠乏欲求」⑤を「存在欲求」としてまとめることもあり、欠乏欲求と存在欲求は質的に異なるものとの考えも示しています。

⑤の自己実現欲求は欠乏欲求を癒し、自己の成長という終わりのない目標への欲求を生じさせます。

この階層に達し成熟した人間は、自己実現欲求に動機づけられ自分の人生への意味を追求していくと言われています。

五つの欲求全てを満たした「自己実現者」は快適な他者関係を保つ力が強く、自発的に行動することができるため、他者から見ると魅力的に映ります。

また、他者に対して広い心を持って接することができ、自分に対しても他者に対しても寛容でいられるため、意識しなくても自然に豊かな人間関係を築くことができます。

そして、何かトラブルが起きても、課題中心に取り組み、素早く的確に問題解決に取り組むことができると言われています。

この理論を知る時に重要なのは、あなた自身がどの階層レベルにいるかを考えることです。

多くの人が⑤自己実現欲求階層であることを望むと思いますが、現実には愛情を求めたり、自尊心を保つ行動に執着してしまう自分に気づくことがあるかもしれません。

実は⑤自己実現欲求階層にい続けることは非常に難しいことなのです。

もし孤独感を感じたり、欠乏感を抱いたりした時は、前の欲求階層でしっかりとした充実感を得られていない可能性があります。

そんな時は、焦って次の階層に進もうとするのではなく、ゆっくりと自分自身を振り返り、自分の欲求に正直になれるように普段から意識しておくことが大切です。

・今の欲求階層を把握する重要性

マズローの欲求階層説は「産業を変えた」と言われるほど、私たちの社会生活にとても大きな影響を与えた理論の一つです。

この理論は、労働者と管理者の関係に新しい見方、捉え方を与えました。

奴隷が強制的に劣悪な環境で労働をさせられていた昔、人間は働くことが嫌いで、管理者が見張っていないとすぐに怠けたり、命令されたり、脅されたりしないと仕事をしようとしないものだと考えられていました。(性悪説)。

しかし、欲求階層説を通じて、人間は自ら成長しようとする欲求を持っていることが明らかになってからは、人間は条件さえ与えられれば、進んで仕事をしようとしたり、責任感も抱いたりすることができる(性善説)と認識され、労働環境が大きく見直されたのです。

現代の産業環境は欲求階層説の影響により、人間の意欲を重視した関わりが主流です。

そして、この視点が重視されるようになってからは、仕事の質、向上発展も得られました。

人間の本当の欲求をしっかり見つめ、その欲求を満たすための動機を与えることで、人間の行動に変化を与えることもできるのです。

ご参考になれば幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です