ストレスチェック

---------------広告---------------




---------------広告---------------

自分が今、どれぐらいのストレスを抱えているのか、チェックしてみましょう。

・目に見えない「ストレス」の恐ろしさ

あなたは、自分のストレスを自覚できていますか?

身体に不調が出てきたり、気持ちの落ち込みが激しかったりすれば、ストレスを自覚できますが、目に見えないストレスをはっきりと自覚するのは難しいです。人によってストレスを感じる要因は違いますし、ストレスを感じる度合いも個人差があります。その上、目に見えないわけですから、ストレスが原因で自分がどれほど苦しんでいるのかということを、他人に正確に伝えるのは困難です。日常生活に追われていたり、他に考えなければいけないことがあると、つい自分のことを後回しにしてしまうこともあります。

しかしストレスは、非常に恐ろしい側面を持っています。

少し気分が落ち込む、やる気が出無くなるなど、軽い精神的な苦痛で留まればいいのですが、鬱状態など精神的な病に発展することもあります。それに加え、ストレスにさらされ続けると、胃に出血や腫瘍が見られるなど、精神的な症状だけにとどまらず身体症状にも現れてきます。

日常生活では、つい軽く見てしまいがちなストレスですが、放置しておくと、非常に危険な症状となって私たちを苦しめる可能性があるものなのです。

・あなたのストレスをチェックしてみましょう

ストレスチェック指標

1.身体がだるく疲れやすい

2.最近思い通りにいかないことが多い

3.いくら寝ても寝足りない感じがする

4.ついイライラしてしまう

5.やる気が出ない

6.人と話すのが億劫

7.最近、風邪をひきやすい

8.食欲がない

9.お酒の量が増えた

10.ショックなことがあると一人で抱え込んでしまう

11.考えがうまくまとまらない

12.ちょっとしたことでも腹がたつ

13.全てを投げ出して逃げたくなる

14.目覚めが悪い

15.怒りの感情を溜め込んでしまう

これは、最近のあなたのストレスを計ることができる一つの指標になります。15個の質問がありますが、これらの質問を、最近のあなたの様子を思い起こしながら、当てはまると感じるものにチェックしていってください。この時のポイントは、あまり深く考えずに直感でチェックすることです。

・ストレスチェック結果

・チェックが0〜2個

あなたの心は健康で、気分転換がうまくできているようです。上手にストレスが解消できているので、その解消法を大切にしていきましょう。

・チェックが3〜6個

気がつかないかもしれませんが、ストレスを抱えています。まだ我慢できる程度かもしれませんが、これ以上無理をすると心に負担がかかってしまうので、自分をいたわって、ストレスの原因を排除していくようにしましょう。

・チェックが7〜10個

あなたはかなりのストレスを抱えています。これ以上ひどくなる前に、今の生活を見直す必要があります。一人で悩みを抱えないように心がけ、心を休めることを第一に考えてください。

・チェックが11個以上

このままでは危険です。心だけではなく身体も辛い状態です。どのようにストレスに向き合って行けば良いのか、具体的な方法を真剣に考えていく必要があります。一人で考えることが難しいようであれば、カウンセリングを利用して、カウンセラーと協力しながらストレスと向き合う方法を見つけていくといいでしょう。

・あなたの結果は?

チェックがたくさんつた場合は、相当のストレスを抱えている可能性があります。自分自身の生活を見直し、カウンセリングを利用したり、心理学を学だり、他人の考えを聞いたりして、物事の捉え方を柔軟にしストレスを上手に解消していきましょう。

そして、自分ではそんなにストレスを自覚していなかったにもかかわらず、ストレスが高いことがわかったあなたは、ストレスに気付きにくい傾向があります。ストレスは心の面だけではなく、身体的にも悪影響を与えるものです。身体の不調が出てきてからでは遅いので、もう少し自分自身の心の状態や、自分をいたわることを意識して生活するようにしましょう。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です