人の人生はその人の価値観によって決まっている

---------------広告---------------




---------------広告---------------

あなたは今の人生に満足していますか?

人生を変えたいと願い、必死に行動をしようとしてもなかなか行動できない。

この記事はそういった悩みを抱いている方に参考になるものと思います。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

それでは始めます。

人の人生はその人の習慣によって決まっており、習慣はその人の日々の行動によって決まっています。

さらにその人の行動は、その人の価値観によって決まっています。

価値観とは、その人にとって何が重要なのかを判断する基準です。

わかりやすく言えば、目の前の物事を自分にとって快か不快、得か損、メリットかデメリットというように判断して、より自分にとって重要だと思う行動を無意識に選択させるのが価値観です。

人は快を求め、不快を避けます。ちなみに快を求めるよりも不快を避ける方を人は重要視します。

なぜなら、人間も動物ですので生命維持をするため、身の危険や苦しいこと、辛いことなどの不快なことを避けるように本能がそうさせるのです。

あなたが人生を変えたくて行動(快を求める)をしようとしても行動できないのは、行動することで自分にとって不快、損、デメリットなことが起きると思っているからです。

人生を変えるには、習慣、日々の行動を変えるか、今持っている価値観を変えなければいけません。

では、どうすれば価値観を変えることができるのか?

それは、今の自分の価値観を知りこの価値観は自分の望みを叶えてくれているのか考えてみることです。

もし今の価値観が自分の望みを叶えていないなら自分の価値観を疑ってみるのです。

なぜ疑う必要があるのか?

それは行動を変えるためです。

人は自分の価値観を信じて疑いません。だから、行動を変えたくても変えれないのです。

まずは疑うことから始めるのです。

価値観を疑っていつもと違う行動をとると、いけないことをしてしまっていると感じたり、怖いことが起こるんじゃないかと感じて今までの自分に戻ろうとします。

でもここで戻るとまた今までの自分に元通りになってしまいます。

今までの習慣というのはそう簡単には変えられないのです。

だから、人生というものは中々変わらない。

でも変えられない訳ではない。

自責や恐怖という幻に負けずにあなたが変わることを諦めなければあなたの人生はあなたの望んだようになる。

あなたに気付きがあれば幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です