他人にコントロールされやすい人

---------------広告---------------




---------------広告---------------

あなたは、自尊心または自己肯定感が高いですか?低いですか?自尊心が低いと他人に依存しやすいため、いいように人に使われてしまう可能性があります。自分の自尊心が高いのか低いのかを知って、低い人は高めましょう。

・自尊心とは

自尊心とは自分を尊ぶ心、簡単に言えば自分には価値があると自分で思うことができる心です。自分で自分のことを価値があると思えない人は、他人に必要とされること、認められることで自分に価値があると思う。故に、自尊心の低い人は他人に依存してしまい、自分の主導権が他人に奪われてしまう。

・自尊心を高める方法

自尊心を高めるには、自分軸で生きることです。人は、自分がああしたい、こうしたいという気持ちを持っています。この建前ではない、本音が自分軸です。本音が言える人というのは、自分の良いところも、悪いところもありのままを認め、それでも自分には価値があると思える人です。今まで他人に依存して、他人にどう思われるか?を軸につまり他人軸で生きていたのを、自分軸に変えることで自尊心は高まります。他人に依存しなくても、認められなくても、必要とされなくても大丈夫という自信をつける。

自己責任で生きる。他人にコントロールされてしまうと、つい人を悪く言ってしまいますが、どうするかは自分で決められるのに、他人のせいにしてもどうにもなりません。自己責任で生きるとは、自分の行動に責任を持つということです。自分で自分の責任を取れないから、他人に依存してしまうのです。自分がとった行動で、どんな結果が出ても自分の責任と認めましょう。どんな選択をしても、自分の責任だと認めることができれば、あとは自分の意思でどうするかを決めるだけです。

・最後に

自尊心とは、自分の気持ちを大事にする心です。自尊心が下がるのは自分を責めたり、否定してしまうのが原因です。思い通りにできない自分を責めたり、ダメな自分を否定すれば、自尊心は下がる一方です。思い通りにできない自分を、ダメな自分を許してあげましょう。認めてあげましょう。自分を大切にしましょう。他人に許されたり、認められたり、大切にされて得た自尊心はすぐに剥がれ落ちてしまいます。でも、自分で自分を許して、認めて、大切にして得た自尊心は簡単には無くなりません。見栄を張っても疲れるだけです。ありのままで生きていきましょう。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です