この世の物事はすべてプラスとマイナスの両面を持っている

hikaritokage

---------------広告---------------




---------------広告---------------


あなたは、自分の人生が嫌になったことはありませんか?この記事を読めば人生が少し楽しめる様になると思います。

この記事は考え方がネガティブになってしまう方の参考になるものと思います。また自分が何か行動に移す時に陥ってしまいがちなミスの根本も説明しています。興味のある方は読んでいただけると幸いです。

それでは始めます。

私たちは日々、生きているとなぜ自分の人生はつらいことばかりなのかと思ってしまいがちではないでしょうか?

「人生楽ありゃ苦もあるさ」と、うたっている歌もありますように本来はよいことも起きていると思うのですが、人というのは苦い記憶のほうが残りやすいので人生はつらいものだと思ってしまうのです。

ではなんで人は楽しい記憶よりも苦い記憶が残りやすいのか?

それは成長するためだと私は思います。人は苦痛から逃れるために行動します。楽しいことばかりなら自分が成長し変わる必要がないですから。

この世の仕組みがなぜ人を成長させようとしているのかはわかりませんが、自分の成長を実感するとうれしく、幸せな気持ちになるのは確かではないでしょうか?

自分だけではなく例えばお子さんがおられる方なら子供の成長はうれしいものではないでしょうか?他人の場合でも応援している人の成長、ドラマや漫画などでも落ちこぼれが成長していくというストーリーはよくありますがそれを見ていても、楽しいですしうれしくなります。

このことを踏まえてこんな話があります。

人生には苦難・困難・災難の三つの難があります。人はできれば三つの難がない人生を歩みたいと思うでしょう。

ですが、難の無い人生とは無難な人生。無難な人生とはなんともつまらなそうな人生ではないでしょうか?ゲームで言えば難しさがなく始まりから終わりまで全部簡単。

ドラマなどのストーリーで言えば何の事件もハプニングも起きない平凡な毎日が繰り広げられるドラマ。こんなの楽しいでしょうか?

逆に難のある人生。確かにつらいこともあるけど、そのつらさを乗り越えるために成長する楽しさがある。

私たちの人生は思い通りにならないもどかしさと闘いながら、自分を変化させ、成長することに喜びを感じるためにあるのではないでしょうか?

kansya

難が有ると書いて昔の人はこう読みました。有難い(ありがたい)。難がない人生はつらいことはないけれど楽しさもない。マイナスの面がないからプラスの面もないのです。

私たちが生きている人生は難というマイナス面があるから楽しいというプラスの面がついてくる。人生だけではなくこの世のものはすべてプラスとマイナスの両面を持っていることをどうか頭の片隅にでも入れておいてください。

プラス・マイナス面の話のついでに関連性のある話をもう一つ。

人は何か行動に移すときプラスの面だけを見て行動してしまいがちです。

サービスや商品を提供する方たちも、購入してほしいのでプラスの面しか教えてくれません。

いざ購入してみたらいろいろとマイナス面が見えてきて、後悔されたという方もおられると思います。

なので必ず何か行動に移すときはセールスレターや口車に惑わされず、マイナス面もしっかり考慮してそれでもやりたい、ほしいと思った時だけ行動するとよいのかなと思います。

逆にマイナス面にとらわれて行動できない場合は、プラスの面もしっかり考えてみましょう。

どちらか片方にとらわれないようにその物事の全体を見てください。

そうすれば後で後悔することは減ると思います。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様に何かしらの気づきがあれば幸いです。


 

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です