当たり前なんてない

atarimae

---------------広告---------------




---------------広告---------------


 

あなたは自分の周りの人や人生に嫌気がさしていませんか?私たち人間は慣れてしまう生き物です。本当は私たちはとても幸せなのです。

この記事は今を楽しめない、不幸だと感じている方の参考になるものと思います。興味のある方はご覧ください。

それでは始めます。

私たち人間は慣れる生き物です。生きる上で常にそばにあるものを人は当たり前だと感じ、そのうちあること自体が分からなくなってしまいます。今の人生を不幸と感じている方々はまさに自分にとっての当たり前が多いのだと私は思っています。

人は当たり前だと思っていたことを無くした時、自分のそばには幸せがあったんだと気づく人がほとんどです。当たり前を無くせば人は幸せに自由になれると思います。

例えば親や奥さんが家事をやってくれている。常に自分のそばにあると当たり前だと思ってしまい感謝を忘れ、逆に小言を言ってしまったりもします。でも親や奥さんがいなくなったら当たり前は当たり前じゃなくなる。そこには本来、感謝しかないのです。

明日が来ること、健康でいられること、空気があること、住む場所があること、食べ物があること、電気がつくこと、水が出ること、数えだしたらキリがありませんが私たちは本来、十分すぎるぐらい満たされていて幸せなんです。

こんなことを書いている私ですが、私も完全に当たり前を無くすことができているわけではありません。そして、これからもこの人間の毒ともいうべき当たり前を無くすことはできないのかもしれません。

しかし、もしあなたが辛くなったり、苦しくなった時、この記事のことを思い出してほしいのです。

自分は不幸なように感じるけど実際はいっぱい満たされているんだ、幸せなんだと気づいてほしいのです。これを機に自分が持っている当たり前について少し考えてみてはいかがでしょうか?

そして、定期的に当たり前という毒を落してみてください。そしたら、いつも自由で幸せでいられます。

皆様に何かしらの気づきがあれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です