習慣を変えるにはコツがいる

---------------広告---------------




---------------広告---------------

今の生活をより良くするためには、習慣を変えなければいけません。

なぜなら、習慣はその人の人生に大きく関わっているからです。

より良い人生にするために、習慣を変えるコツを知りましょう。

・習慣を変えるのは難しい

何か新しいことを始めたり、目標を達成するためにいつもと違うことを始めたりしても、なかなか続かないという方は多いのではないでしょうか?

習慣を変えるのはとても大変なのです。

なぜなら、人間は何かを得るためよりも、苦痛から逃れるための行動を取ってしまうからです。

あなたが何か新しいことをやろうとした時の動機が、何かを得るためならば壁にぶち当たった時や思うように結果が出なかった時に挫折してしまうでしょう。

新しいことを始めるといつもと違うことをやらないといけないので、頭を使いますし、うまくできないことが多いと思います。

それは、少なからずストレスになります。

ストレスは、自分にとって苦痛です。

新しい習慣を身につける目的が、得たいものを得るためならば、ストレスからくる苦痛にあなたは負けてしまい、元の習慣に戻ってしまいます。

あなたが新しい習慣を身に付けたいと思っているのなら、目的を考える時に得たいものだけではなく、こんな風になりたくない、あんな風になるのは嫌だというようなネガティブな感情も同時に持つ必要があります。

なぜなら、先ほども言いましたが人は得たいものを得るためよりも苦痛から逃れたい気持ちの方が強いからです。

でもこれだけでは習慣を変えれる人は少ないと思います。

もう一つコツがあるのです。

・目標は無理のない程度のものにする

あんな風になりたくない、こんなのは嫌だというネガティブな感情があっても、目標に向かって行動している時に、ネガティブな感情以上の苦痛を感じれば行動が嫌になり、また元の習慣に戻ってしまいます。

なので、目標を決める時に大事なことがあります。

それは、無理のない程度の目標を立てることです。

人はできればすぐに結果を得たいです。ちみちみ進んでいてもすぐに望んだ結果は得られません。

なのでどうしても、初めから目標を大きくしてしまいがちです。

ですがそれが大きな間違いなのです。

相当ストレス耐性のある方以外は、大きな目標を立てた時点で挫折するのは目に見えています。

千里の道も一歩から、ローマは一日にして成らずという言葉もあるように地道に少しづつ進んでいくしかないのです。

目的を考える時にネガティブな感情を持つことと、目標は小さく一歩一歩進んでいく、この二つをよく覚えておいていただければと思います。

あなたの人生がより良くなる習慣を身につけることを心より祈っております。

今回は以上で終わります。

最後まで見ていただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です