結局、自分のことをどう思っているか?なんだと思う

---------------広告---------------




---------------広告---------------

自分に正直に素直に生きたい。

そんな願望が私にはあります。

なのに正直に素直に生きられない。
なぜそうできないのか?
それは他人の目を気にしているからなのかなと最初は思っていました。

でも私は思うのです。
物事に対してどう感じるかは人それぞれなのに他人の目を気にして生きていたら自分が無くなってしまう。

そして最近気づいたのですが人は
他人の目を気にしているように感じますが、実際は自分が自分のことをどう思っているか、なのだなと思いました。

例えば自分がいい事、正しい事と思っている事をする時は人の目は気にならないと思います。
逆に自分が悪い事、間違っている事と思っている事をしてしまった時は他人の目がすごく気になります。

そして自分が思っている通りに周りが反応します。
なぜならいい事をしていると思うと人のいい反応を探していい事をしたという証拠を探します。
間違っている事をしていると思うと人の悪い反応を探して悪い事をしたという証拠を探します。
だから自分が思った通りの現実を引き寄せます。自分で勝手にです。

でも最初にも言いましたが物事に対して人がどう思うかは人それぞれです。

自分が良いと思う事をしていても相手は悪いと思う事だってあるのです。
自分が悪いと思う事をしても相手は良いと思う事だってあるのです。

そう考えると結局自分で自分を悪いと否定していると正直に素直に生きられないのです。

全ては自分が決めているのだなと思うのです。

だからできれば物事を良い、悪いで判断するのではなく自分はどうしたいのか?という考え方で行動できるといいのかなと思います。

そして良いも悪いも本当はないんだと、良いも悪いもない、ただ違いがあるだけ。だけど自分はこう在りたい、この方が好きだという事をすればいい。

お互いに違いを認め合えたらいいんですけどそれがなかなかできないんですよね。
自分と他人の違いを認めれるようになったら自分の良いも悪いも認められるし好きになっていけるのかなと思います。

そして自分の良いも悪いも認めて好きになれたら自信が湧いてきて他人の目なんて気にならなくなる。

そしたら自分に正直に素直に生きられるんじゃないかなと思う今日この頃です。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です