見る人によって異なるものに見える

---------------広告---------------




---------------広告---------------

人は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚で、この世の情報をキャッチします。

キャッチした情報をどう捉えるかは人それぞれです。

例えば、情報を水に例え、情報をキャッチする側(人)を瓶に例えるとわかりやすいと思います。

水はどんな形になっても水ですが、瓶の形によって捉えられかたが変化します。

情報を見る人によってその内容が変わるのです。

その捉え方は何によって決まっているのか?それはその人の今までに経験してきた体験です。

人は生きていく上でいろいろな体験をします。

その中でこれはこういうものだ、これは良いことだ、これは悪いことだ、これに価値はない、これに価値がある、というように価値観を構築します。

この価値観が上の例で言う瓶です。

この価値観は、人の思考や行動に大きな影響を与えています。

例えば、子供が飲み物を飲もうとしてこぼしてしまいました。

その時、Aくんの親は優しくこぼしたものを拭いてくれて、次から気をつけようねと言いました。

Bくんの親は怒りながらこぼしたものを拭いて、めんどくさいなーと言いました。

同じこと(飲み物をこぼす)を体験しても、その時の状況によって人の価値観は違ってきます。

Aくんは失敗をしてもその都度、次から失敗しないように考えて行動できる子になり、何事にも失敗を恐れずチャレンジできる人になりました。

Bくんは失敗すると怖いことが起きると思う子になり、失敗を恐れてチャレンジできない人になりました。

このように人は体験によって価値観を構築し、その価値観によって思考、行動が大きく変わってしまうのです。

あなたの瓶はあなたの望むものを叶えてくれますか?

もしそうでないのなら、あなたが望むものを手に入れている人の価値観を学んで、自分のものにしましょう。

なぜなら、価値観が望むものを叶えてくれるからです。

価値観を変えるには、勇気を出して行動し新しい体験で過去の体験に上書きする。

過去の体験で失敗すると怖いことが起きるという価値観を構築しても、新しい体験で失敗は悪いことではないと思えれば価値観は変わります。

あなたが望むものを叶えるために価値観を再構築することをお勧めします。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です