ありのままを認める

---------------広告---------------




---------------広告---------------

好きな漫画の好きな言葉⑤

「いろんなお前がいる、全部ひっくるめてお前なんだ

いいんだそれで

認めてしまえ、ありのままのお前を

修行はそこからだ」

人はいろんな面を持っている。それなのに人は自分の一部の面を嫌い、遠ざけ、否定する。遠ざけようとしたり、隠そうとしたり、見ないようにするとかえって、その部分を意識してしまう。

自分の嫌いな一面に意識が行くあまり、自分の良いところ、長所に意識が向かない。嫌いな面ばかりをどうにかしようと躍起になり、長所を全く伸ばそうとしない。

人に必要なのは、短所をなくすことではなく、長所を伸ばすこと。短所は短所で持っていていい、というか誰でも短所を持っていると思います。自分の短所を認めればそこに労力を使わなくて済む。

短所をどんだけ改善しても、人の役には立たない。でも、長所は延ばせば延ばすほど人の役に立てる、貢献できる。

短所を認め、長所に気付き長所を伸ばすことに労力を使う。それが修行なのではないかと思います。

あなたも短所にとらわれず、長所を見て伸ばしていただければと思います。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

---------------広告---------------




---------------広告---------------

投稿者:

いくら

サイト主 【いくら】のプロフィール 平成世に大家族の末っ子として生を受ける。 大家族ということもありあまり贅沢できないのと親が高齢で私を産んでいるので周りの人と自分を比べてしまいよく自己嫌悪に陥っていた。さらに兄から小学3年生から中学3年まで性的虐待を受けておりそのことを親に言うこともできず塞ぎ込んでいました。不登校の時期もありました。 しかし、そんな人生を送るうちに「自分は何のために生きているんだ?」 塞ぎ込んでいた私は次第に自分の存在に興味を持つようになりいろいろな本を読むようになりました。 本やセミナー、尊敬できる人との出会いにより少しずつ本当の自分を取り戻してきています。 私と同じような苦しみを持っている方々の力になれればと思いこのサイトを作った次第です。 一緒に本当の自由を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です